冷蔵庫 配達

冷蔵庫の配達を安く行う方法

冷蔵庫 配送 安い

冷蔵庫 配送 比較

冷蔵庫 配送 相場

冷蔵庫 配送 格安

 

便利な冷蔵庫ですが、ちょっと場所を移動したい、誰かにあげたい、引っ越ししたいとなると途端にやっかいな存在になります。

 

大きいものだと100キロ近くになるため、数センチ動かすのも大変です。

 

冷蔵庫の配達は、引っ越し業者にお願いしましょう。
あまり知られていませんが、冷蔵庫だけ運んでほしいという依頼も受けてくれます。

 

できるだけ安く配送して欲しいなら、引っ越し業者一括見積もりサイトがオススメです。

 

冷蔵庫 配送

 

冷蔵庫の配達料金は、冷蔵庫の大きさだけでなく、配達距離などによっても変わります。

 

引っ越しの場合は、物件の階数やエレベーターの有無も関係します。

 

これらの条件を何度も入力することなく、1回で複数の業者からの見積もりを取ることが出来るのです。

 

便利で簡単、もちろん見積もりは無料なので、ぜひご活用ください。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

 

引越しの時期と繁忙期

 

引越しの時期

 

引越し業界には1年で最も忙しい繁忙期があります。
繁忙期はそうでない通常期に比べて引越し料金が高めに設定されています。
もちろん冷蔵庫だけを運ぶのも例外ではありません。

 

もし時期にこだわらないのであれば、繁忙期は避けましょう。
では繁忙期とはいつなのか・・・?

 

1年で一番忙しい繁忙期はズバリ3月です。

 

日本では4月から新学期を迎えるため、新大学生・新社会人は3月に新天地にむけて引越をし、さらに春の人事異動で転勤となったサラリーマンやその家族も3月に引越しします。

 

引越し業者ももちろん何とかしようとスタッフを増員したり、効率を上げてまわったり努力するも、場合によってはどうにもならない日も。
そういうときは本当に依頼を断られるのです。

 

繁忙期は特に引越し準備が遅いと引越し希望日に業者が見つからないことがあり得るわけです。

 

3月の繁忙期に引越しするのであれば新居の住所がわかったらすぐに引越し業者一括見積もりをしましょう。

 

しかし繁忙期でも安い業者高い業者はあります。
早めに準備し、見積もりを比較して少しでも安い業者、サービスの良い業者を探して契約しておきましょう。

 

引越しの手順

 

引越し手順

 

引越しの時はすることが多くてパニックになりそうですね。
しかし実はやることの時期が少しずつずれているので、手順を知っていればそんなに大変ではないのです。
どんな手順なのか確認してみてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者ですが、見積もりを取るのは新居が決まってからがオススメです。
その理由は新居の情報も費用に関係するので、その前に見積もりを取っても正確な金額ではないからです。
エレベーターのある4階とない4階の引越しの大変さ、かかる時間の長さは違いますので、引越しの値段も変わるのです。

 

そして新住所に持って行く荷物は出来るだけ引越し前に減らしましょう。
いらないものを新居に運び入れるにも費用がかかるので、引越し費用が高くなります。

 

市外への引越しの場合は市町村役場に転出届を提出しておきましょう。
引越し日の2週間前から提出することが可能です。
出し忘れると面倒なことになりますので、お忘れなく。

 

電気・ガス・水道は引越しする日まで現住所で使えるようにしてもらって、翌日からは止めてもらうように連絡しましょう。
それまでに使った電気・ガス・水道料金は日割りで精算してくれます。
精算の方法は各会社によって異なるので確認してください。

 

郵便物が新居に届かないのは不便ですね。
しかし郵便局で転送届を提出しておけば、1年間は新居に郵送してくれます。
その間に「引越ししました」という連絡をしましょう。

 

引越し日はほとんど引越し業者にお任せです。
大事なもの、壊れたら困るもの、貴重品などは自分で運んでくださいね。
あらかじめ大きな家具の置き場所を決めて、引越し業者にメモを渡しておくと何度も確認されないのでいいですね。

 

市外引越しの場合は新居に最寄りの市町村役場に転入届を提出します。
同一市内引越しの場合は、市町村役場に転居届けを提出します。
2週間以内に提出しましょう。

 

荷解きはどうぞゆっくり行ってください。

 

最後に免許証やパスポート、銀行カード、クレジットカード、各種保険など大事な書類の住所変更を行います。
免許証などは身分証になりますので早めに警察署に行きましょう。
印鑑や住所を変更したことがわかる書類が必要な場合がありますので、手続きに何が必要か確認しましょう。

 

 

引越し費用を安くするために条件の見直し

 

引越しを安く

 

引っ越し費用は高額になりがちなので、少しでも安くしたい!
でもどうすれば・・・?

 

引っ越し費用は荷物の量に比例しますので、まずは荷物をできるだけ減らすことです。
不用品を新居に運ぶ費用はもったいないので、あげる・売る・捨てるなどの方法で断捨離しましょう。

 

そして3月前後は引越し業者は繁忙期で1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
できればこの時期は避けたほうがいいです。

 

どうしても繁忙期を避けられないなら、新居の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者から見積もりを取って比較し、契約までしてしまいましょう。 
条件のいい引越し業者からどんどん予約が埋まります。

 

土日祝日は仕事を休むことなく引っ越しできるとあって希望者が多いので、平日に比べると費用が高めです。
費用重視であれば、平日引っ越しがおすすめです。

 

時間で言うと、午前中にして午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
割引ができるのは午後便、もしくは時間指定をしないフリー便です。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
しかしこれらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

引越しの際の挨拶のマナー

 

引越しのあいさつ

 

引越しをしたらご近所へ挨拶に行くのがマナーです。ぜひ行きましょう。
特に一軒家ならばその地域に長く住む可能性が高いので、ご近所付き合いは欠かせませんし、第一印象は大切です。

 

マンションやアパートもお隣さんや上下の階にどんな人が住んでいるのか知っておいたほうが安心ですし、生活音はお互い気になりますでマナーとして挨拶はしておきましょう。

 

では挨拶のタイミングとしては、いつ行けばいいのでしょう?

 

引越しの挨拶は引越し当日か遅くても翌日が一般的なのだそうです。
案外と早くて驚きませんか?

 

後まわしにすればするほどどんどん挨拶に行くタイミングを逃し、先に廊下や階段、道路でバッタリ住民に会ってしまう可能性が高いのです。
ちゃんとした挨拶に行く前に軽い挨拶を交わすと行きにくくなってしまうので、挨拶は早めがおすすめです。

 

一軒家の方は向こう3軒両隣の計5軒にあいさつに行きましょう。

 

そしてマンションやアパートなら自室の上下左右の部屋にあいさつに行きましょう。

 

他にも管理人さん、大家さん、自治会長さんなどが近くにお住いの場合はご挨拶しておくといいですね。

 

手土産は持って行った方がいいです。
手ぶらで行く方もいますが、やはりお互いに初対面ですから手土産があると挨拶に行きやすいです。
500円程度のお菓子やお茶、コーヒー、タオル、洗剤などの消耗品を持って行くのがオススメです。

 

 

引越し業者とオプション

 

冷蔵庫 配送 見積もり

 

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用との合計金額になります。
ではこの「オプション費用」とはどんなものをいうでしょうか?

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

エアコンの移設は素人には出来ません。

 

コンセントを抜くだけの冷蔵庫と違って、エアコンは室外機ともつながっているためです。
しかしエアコンを自分で購入して部屋に設置した人なら、新居にも持って行きたいと思いますよね。
もちろん自分で電器屋に来てもらって外してもらい、新居で再び電器屋に来てもらって設置することもできますが面倒ですね。
引越し業者のオプションで依頼しておけば、専門の業者が来てくれてエアコンを移設してくれるので便利なのです。

 

車の陸送なんて自分でやればいいのに・・・と車が好きな方であればそう思われるかもしれません。
しかし東京から九州まで1人で運ばなければならない場合もあります。
遠距離の引越しは、時間に余裕があって、体力に自信がないとできませんね。
ですから車の陸送もオプションで依頼する人がいるのです。

 

ピアノはどこのお宅にもあるものではありません。
それに他の家具に比べても高級な楽器ですので、小さな引っ越し業者ではピアノの運送を扱わないこともあります。
一括見積もりでも、オプションで「ピアノ運搬」を入れておけば、ピアノの運搬を扱う業者だけが対象になるので便利です。

 

 

 

エレクトーン 運送 タンス 移動 電子ピアノ 引っ越し