引越し難民問題

引越し難民問題

引越し難民

 

近年、繁忙期の引越しが困難になってきています。
引越しを希望しているのに出来ない人を「引越し難民」と言います。

 

しかし繁忙期は今に始まったことではありません。

 

今までも繁忙期はありましたし、引越し業者もそれに対応してきたはずなのに、どうして今になって繁忙期に引越しできない人が増えているのでしょうか?

 

それは引越し業者が、慢性的な人手不足とトラック運転手不足にあるからです。
引越しの仕事は体力勝負、時間勝負で結構きついですから、働く人口が減っている昨今では人手がダイレクトに減ります。

 

繁忙期ではそれらの問題が、企業の努力だけではどうにもならなくなっています。
トラック運転手も特殊な免許が必要ですから、簡単に補充できないのです。

 

もし引越し難民になってしまったら、時期をずらして引越しできないか検討してみてください。

 

実家から出て一人暮らしをするのであれば、まずは必要最低限のものだけを持って行き、繁忙期を超えてから家財を運ぶなどの方法もあります。
引越し先で一式揃えるという方法もあります。

 

とにかく繁忙期に引越し業者が見つからないということも想定しておきましょう。